ドッグフードの賞味期限

一口にドッグフードと言っても、実際には様々なタイプがある。
大きく分けて、「ドライタイプ」「モイストタイプ」「ウェットタイプ」に分けることが出来る。

「ドライタイプ」には、水分が含まえれていない。
他のタイプより値段が安く、栄養バランスも優れている。
カリカリとした食感があるため、犬の歯やあごを鍛えることが出来、また歯石除去の効果もある。
しかし、幼犬や老犬には少し食べにくいため、水やミルクでふやかすと良い。

「モイストタイプ」には、水分量が約30%含まれている。
ドライタイプに比べると栄養価がやや落ち、値段は少し高くなる。
「ドライタイプ」に比べ、食感が柔らかいため、犬は好んで食べる

「ウェットタイプ」には、水分量が約75%含まれており、缶詰タイプが多い。
このタイプは犬が最も好むタイプだが、他のタイプに比べて値段が高く、また栄養のバランスも欠けてしまう。

ドッグフードを選ぶ上では、犬種や年齢にあったものを選ぶことが大切であるが、もう1つ大事なのは、保存料や添加物が含まれていないかということである。
ドッグフードは賞味期限が重要で、あまり賞味期限が長いものは、保存料や添加物が使われている可能性が高い。
特に市販されている安価なものは危険な添加物がたくさん使われている。
発がん性がある成分が当然のように使われている。

日本ではペットの食べ物の規制が非常に緩く、合成添加物は製品の原料欄に記載しなくても良いことになっているため、原料については、抗生剤を与えすぎた肉類、農薬を使いすぎた野菜などが使われている。
また、賞味期限以外には、市販の安価なドッグフードには穀類がメインの原料となっているドッグフードがある。
犬はもともと肉食の動物でああり、消化器官が非常に短いため、穀類や野菜類は本来は身体に合わないため、消化器官に負担をかけてしまう。
場合によっては、皮膚のアレルギーやアトピーの原因となることもある。

市販のドッグフードの原料や添加物が気になるあまり、手作り食に辿り着く飼い主も多い。
市販の安価なドッグフードよりも安全性http://www.emcomm.org/links.htmは高いが、栄養バランスを摂るのは非常に難しい。
賞味期限をチェックしながら選びたい。