ドッグフードで犬種別パッケージ

近年はペットブームと言われており、犬を飼う人も増えている。
そのため、たくさんの種類のドッグフードが市場に出回っている。
一見、どれも同じように見えるが、「小型犬用」「成犬用」「老犬用」などと犬種によって中身が異なり、その犬が必要とする栄養素が計算されている。
パッケージには犬の写真が使われているが、よく見ると、そのパッケージの写真と書かれている犬種の種類が異なることがあるので、要注意だ。

犬種の中でも、小型犬は一番カロリーを必要とするが、食に対して非常にムラが多い傾向にある。
その犬が食いつきの良いドッグフードを選ぶようにすると良い。
ほとんどのドッグフードは、それぞれの犬種や身体的特徴、かかりやすい病気などに配慮して作られている。
一方で、顎が小さい小型犬は、歯周病などの口内の病気になると顎の骨にもすぐに影響が出てしまうため、その粒は、大きすぎず小さすぎず、しっかりと噛み砕いて食べることの出来る大きさであることが重要である。
また、小型犬用はカロリーが高めに作られている。
消化器官も小さいため、1回の食事量もたくさんは食べられないため、少ない食事で必要なカロリーhttp://www.usaeggfarming.com/cal.htmlを摂取しなければいけないためである。

中型犬は、運動量が多く、活発な性格が多い犬種である。
高い運動能力を生かすためには、健康な筋肉の維持と体重管理が大切である。
さらに、運動によって体内には活性酸素が発生するため、運動量の多い中型犬はできるだけ抵抗力や免疫力をサポートしてくれるものを選ぶようにすると良い。

大型犬は、大きな体を支えるために関節へ、大きな体に血液を送るために心臓へ負担がかかるため、これらに配慮されたものを選ぶ必要がある。
大型犬は、消化器官が敏感http://www.dogzone.org/syoukaki.htmlなため、ドッグフードの合う、合わないの問題が生じやすい。
大型犬用は、カロリーが低めに作られている。
仔犬から成犬、老犬http://www.zenbaren.jp/roukennyou.htmlになるにつれて基礎代謝が落ちていくため、カロリーが低く作られている。
また、大型犬はあまり噛まずに飲み込むように食事をするのが特徴である。
腸が敏感でもあるため、消化に負担がかからないよう、より噛み砕きやすい形のものを選んだり、時にはドッグフードを温湯でふやかして与えても良い。
このように、犬種によって注意しなければいけない事項があるため、パッケージに掲載されている写真だけで判断するだけでなく、しっかりとパッケージ全体をチェックし、その犬に合ったドッグフードを選びたい。