人間の味覚とドッグフード

人間に比べて犬の嗅覚や聴覚は非常に優れているが、味覚に関してはあまり発達していない。
人にも犬にも、舌の表面には数多く存在する味蕾と呼ばれる感覚器を通じて脳に情報が伝達されることで、甘い、すっぱいなどといった味の要素を感じている。
食べ物としての全体の味を判断する場合には、味蕾で受容した味の情報だけでなく、温度や舌触り、歯触り、また嗅覚から得られる匂いや見た目などにも影響を受けている。

人間の舌には味を感じる味蕾が約1万個あり、甘い、辛い、しょっぱい、すっぱい、苦い、うまいの5つの味を感じることができる。
一方で、犬の味蕾は約2千個で人間の5分の1程度しかないと言われている。
主な味の要素として知られる、甘味、酸味、苦味、塩味、旨味の中で、犬は甘味の受容体が最も多いと言われている。
ケーキ、クッキー、お菓子など非常に喜んで食べる甘党であるため、ご褒美としてもらうっものは、甘いものや塩っぱいなど味の濃い物を好む。
嗅覚は人間よりも発達しているが、味を感じる味覚は人間よりも味を感じにくいとされている。

更に、ドッグフードの固さも重要である。
人間以上に犬は食べにくいと感じたものを嫌うので、食べやすい形態のものを好む傾向にある。
顎のちからが弱い小型犬は弾力が強く硬いドライタイプのドッグフードを食べないこともあり、おやつ用の肉巻きガムなどでも芯の部分だけ食べずに残すことも多い。

特に、普段から固形状のドライタイプを与えていて、一度柔らかいウェットタイプに変えたら、その後ドライタイプのドッグフードを食べなくなるということもよくある。
一方で、大型犬はあまり硬さによる好みに差があまりないが、それでもウェットタイプのような柔らかくて食感が良い物のほうが好まれる。

また、犬は味覚が鈍感なため、味が濃いものを好むが美味しいと勘違いして食べてしまう。
しかし、塩分は犬の体にとって良いものではない。
犬は汗をかかないため、塩分を排出することが苦手なのである。

塩分過多になると人間も病気になるが、犬は少しの汐でも病気になる可能性がある。
また、ネギ類やカフェインが含まれているものは食べてはいけないものとされている。
ネギ類を食べると貧血でぐったりし、呼吸があらたくなったり、カフェインを摂取すると、下痢、嘔吐、テンカン発作などの症状を発したりする。
犬は特に砂糖と果物の糖分である果糖や乳製品に含まれる乳糖を好むが、食べ過ぎると肥満の原因になるだけではなく、心臓病や糖尿病などの様々な病気を引き起こす原因となる。